nhkの番組が取上げたシミの原因と消す方法

| トラックバック(0)
素肌の大敵としてシミは忌避されます。そしてその原因は紫外線であると理解されています。ところがそればかりではなく、日常生活で普通に行っていることが原因でできることがあります。逆に原因が分かればシミを消すこともできるはずです。

 画像分析器で調べると、シミは普通褐色なのに赤いものが散在することがわかりました。そしてその原因が摩擦であるとnhkの番組が取り上げていました。要するに化粧と化粧落しの両方で素肌を刺激する結果、摩擦でできた炎症が広がって血管が赤く浮き上がっていたのです。炎症が起きるとその場所には有害な活性酸素が発生します。メラニン色素には紫外線を防ぐ他に、活性酸素を還元する役割があります。したがってスキンケアが慢性的に炎症を起こさせると、皮膚にメラニン色素を溜めてシミを作る結果になります。熱心なスキンケアがあだになることになるのです。

 日焼け止めのクリームや美白剤は紫外線のシミ対策には有効ですし、マッサージの血行促進も効果があります。それと併せて医療機関では

 ・こすらないスキンケアの指導、
 ・トラネキサム酸という抗炎症薬を処方、

が受けられます。紫外線の少ない秋や冬であればなお効果的です。


素肌の大敵としてシミは忌避されます。そしてその原因は紫外線であると理解されています。ところがそればかりではなく、日常生活で普通に行っていることが原因でできることがあります。逆に原因が分かればシミを消すこともできるはずです。

 画像分析器で調べると、シミは普通褐色なのに赤いものが散在することがわかりました。そしてその原因が摩擦であるとnhkの番組が取り上げていました。要するに化粧と化粧落しの両方で素肌を刺激する結果、摩擦でできた炎症が広がって血管が赤く浮き上がっていたのです。炎症が起きるとその場所には有害な活性酸素が発生します。メラニン色素には紫外線を防ぐ他に、活性酸素を還元する役割があります。したがってスキンケアが慢性的に炎症を起こさせると、皮膚にメラニン色素を溜めてシミを作る結果になります。熱心なスキンケアがあだになることになるのです。

 日焼け止めのクリームや美白剤は紫外線のシミ対策には有効ですし、マッサージの血行促進も効果があります。それと併せて医療機関では

 ・こすらないスキンケアの指導、
 ・トラネキサム酸という抗炎症薬を処方、

が受けられます。紫外線の少ない秋や冬であればなお効果的です。

こちらでシミ 消す についても今後詳しく書いています。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2013年11月18日 19:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エターナルラビリンスの光脱毛で脇がツルツルに」です。

次のブログ記事は「ローズサプリで身体の酸性を防ぎ口臭を防ぐ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30